庶民のもの

農村の女性が「奉公に出る」と言えば、町の商家や遊女に、とまず思ってしまいますが、江戸中期からは富裕な農家で働く「奉公」もありました。しかしやがて農業の重労働が嫌われ、農家は人手不足に悩むようになります。田畑を持たない下の下の百姓でも「余業(農業以外の副業)」でとりあえずは食っていける時代となったのです。藩は余業人を取り締まり、同時に休日を増やすことで農村の奉公人を確保しようとしました(宝暦年間に初めて奉公人の休日が公的に「1年間に12日」と定められました。寛政8年には年間30日に増やされ、文化年間には村で休日を定めて良いことになりさらに増やされました)。残されている奉公人手形から見ると、年貢を支払うために奉公に出て米で給与を受け取るのが普通の労働形態だったようです。年貢がきちんと納められないと、田を売る必要も出てきますし、下手すると村から追放されることもあったそうなので、事情は切実なのです。
 「残された記録」に「生活のすべて」が記録されているわけではありませんが、少なくとも江戸時代の人々の生活の一部は読み取れるわけで、やはり「記録を残すこと」「それを後世の人間が読めること」は重要なことだと感じます。たとえそれが庶民のものであってもね。

  • 小平市
  • 結暖冶【東京都小平市】
  • 昭島市
  • 藤原彩加【東京都昭島市】
  • 新宿区
  • モン青山【東京都新宿区】
  • 太極命運道【東京都新宿区】
  • 新宿占い館バランガン【東京都新宿区】
  • 神秘堂【東京都新宿区】
  • 足立宗禅福田海吉祥菴【東京都新宿区】
  • ラピス【東京都新宿区】
  • 開運館E&E新宿鑑定所【東京都新宿区】
  • 神貴堂【東京都新宿区】
  • 日本易道学校【東京都新宿区】
  • 株式会社0学会【東京都新宿区】
  • 株式会社ルネ・ヴァン・ダール研究所【東京都新宿区】
  • 株式会社0学会【東京都新宿区】
  • 占いサロン占都【東京都新宿区】
  • 占いメグーア【東京都新宿区】
  • パンドラの箱【東京都新宿区】
  • パンドラの箱対面鑑定室【東京都新宿区】
  • 占秀策ミッドナイト・フォーチュン【東京都新宿区】
  • 有限会社アルティマ【東京都新宿区】
  • ノーイ・カフェ【東京都新宿区】
  • リトロ事務所【東京都新宿区】
  • G・ダビデ研究所【東京都新宿区】
  • 足立宗禅吉祥菴お墓の相談室【東京都新宿区】
  • 紫晃舘小田急エース北館西【東京都新宿区】
  • 東明学院【東京都新宿区】
  • ヴァッシーアット89【東京都新宿区】
  • 村野大衡の占術鑑定室【東京都新宿区】
  • 東京スワン【東京都新宿区】
  • 内川あ也・日本風水クラブ【東京都新宿区】
  • BBstoneKOBE新宿店【東京都新宿区】
  • 新宿文化村【東京都新宿区】
  • 平龍徳鑑定事務所【東京都新宿区】
  • アゥルターム【東京都新宿区】
  • 東京スワン【東京都新宿区】
  • 占いサロン愛月【東京都新宿区】
  • 占いバータロット【東京都新宿区】
  • 株式会社フロンティア【東京都新宿区】
  • Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>