なかなか許可が下りない

「簡易帰化」はこの要件が緩和されます。たとえば子供とか日本人と結婚した外国人配偶者などに適用されます。「大帰化」は「国からのプレゼント」です。国会の承認を得て法務大臣が許可する特例ですが、これはまだ実施例がないそうです。
 著者が重視するのは「要件」よりも「書類」です。「要件」の場合「日本国家・社会に迷惑をかけずに生活を営んでいますか?」の質問に胸を張って「イエス」と答えることができれば良い、と単純化できますが、「書類」は単純化できませんから。
 「書類」は「自分で作成する書類」(内容はあとでインタビューで聞かれます)「国籍や身分を証明する書類」「資産や収入を証明する書類」「その他(診断書)」にわけられます。診断書以外はそれぞれどっちゃりと書類の種類が列記されていて、項目を見ただけでうんざりします。
 韓国では2008年に戸籍法改正が行われ、(それまでは韓国と郵便のやり取りが必要だったのが)今は大使館または領事館で直接戸籍を取り寄せることが可能になったそうです(多くは即日)。中国には戸籍制度がないため出生公証書や父母の結婚公証書などを取り寄せて身分関係を証明する書類とするそうです。大体50~80種の書類を“収集”しなければなりませんし、中には複数枚提出したり何年分かを揃えたり、とする必要がありますので、証書代だけでけっこうな金額になるそうです(給与所得者で3~5万円、事業主だと5~15万円くらい)。
 本人申請でなかなか許可が下りない場合には専門家に依頼する手がありますが、報酬を支払う必要が生じます。これもケースバイケースで違うので一概に言えませんが、一応の基準が本書に載っています。

  • 最上郡鮭川村 バイク屋
  • 最上郡戸沢村 バイク屋
  • 東置賜郡高畠町 バイク屋
  • 東置賜郡川西町 バイク屋
  • 西置賜郡小国町 バイク屋
  • 西置賜郡白鷹町 バイク屋
  • 西置賜郡飯豊町 バイク屋
  • 東田川郡三川町 バイク屋
  • 東田川郡庄内町 バイク屋
  • 飽海郡遊佐町 バイク屋
  • Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>